digital composite of Wooden table with library background

→ メルマガ限定で【効率良く稼げる】案件紹介 ←

副業情報館 ダブルワークス 公式LINE@ 始めました!!

最旬の副業情報をいち早くお届け!
スマホから現在アクセスしてる方はコチラから。
PCの方は @wworks で検索してください。

・ライターが飛んでいく、、外注化の難しいポイント

この記事はアフィリエイト外注化マニュアルのPART3です。もし、宜しければPART1からご覧下さい!

僕が初めて外注化したアフィリエイトは、トレンドアフィリエイトで2〜3年前のトレンドアフィリエイトは、毎日大量の記事を更新する事が重要で、何か芸能人のゴッシプ的なネタがあれば直ぐに記事にする必要があり、大量に更新する事とスピードが重視されるというかなり大変なアフィリエイトでした。(現在も同じようなモデルはありますが、楽な方法も出てきています。)

楽になりたい、時間を作りたい一心で外注化を導入しましたが、、、次々とライターさんが飛んでしまうという事態になってしまいました!

現在は一人一人のライターさんと信頼関係を作る事にしておりますが、、皆さんがライターさんを外注化する時に実際にどうライターさんと接するといいかご紹介させて頂ければと思います。

 

・いきなり完璧を追い求めいない!修正編

自分のサイトに載せる記事はやはりこだわりがありますよね、、また自分のこだわりというエゴな部分のみならず、やはり大金を稼ぐにはSEO的な部分からも修正依頼は重要になります。

出来るだけ修正のないような記事を作ってもらうために、分かりやすい記事作成のマニュアルを作成するなど当たり前の事は努力すべきですが、問題は修正依頼です。

その際に、すべての修正を依頼しないでください! というのも、もちろんそれなりの報酬を払っているなら完璧なクウォリティーを求める必要がありますが、個人の記事はほぼ一文字0.5円程度単価で記事の作成業務を委託していると思います。

なので、ある種の妥協が必要で、自分の求めるクウォリティーに達するには、中級者で1ヶ月、ライティング初心者なら2〜4ヶ月程度の期間が必要です。

この期間内に、ライターとの信頼関係が崩れてしまうと、折角の期間がもったいないです。10の修正点を見つけた場合は、3〜4っつ程度の修正依頼に止めて、そのほかの修正点は自分で修正し、指摘のみに止めるとライターさんが飛んでしまうリスクがなくなります。

 

・どうすればいい、、報酬アップの相談

報酬アップの相談は依頼文に報酬アップを匂わすような記載をしている場合が多いです。正直僕は報酬をすぐに承諾してしまうタイプです。

理由は、報酬アップ(数%程度)の妥協を拒むことでこれまで築き上げたライターさんとの関係にヒビが入る事の方が、報酬アップよりもコストの掛かる事だと考えているので、、、

ですが、もちろん限界まで報酬を出している等の事情があるかと思われるので、僕はPV数に応じた歩合制の契約をおすすめします。

以前僕はこの手法を報酬アップの交渉の際のカードとして使っており、結構承諾してくださるライターさんも多かったです。(PV操作などトラブルもありましたが、、) 報酬アップも大金を稼ぐためのステップと考えて、積極的に承諾する事をお勧めします。

 

・最後に、、

これまで、アフィリエイト外注化マニュアルと称しまして、PART3まで外注化に際してやった方が良い事をご紹介させて頂きましたが、次回はやってはいけない事をご紹介させて頂こうと思います。

 

come_footer_160507