3d render of Blank wall in empty room with windows

→ メルマガ限定で【効率良く稼げる】案件紹介 ←

副業情報館 ダブルワークス 公式LINE@ 始めました!!

最旬の副業情報をいち早くお届け!
スマホから現在アクセスしてる方はコチラから。
PCの方は @wworks で検索してください。

・アフィリエイトを外注化するタイミングは?

僕が初めてアフィリエイトの外注化したのは、トレンド系のサイトでした。当時トレンド系のサイトは泳がないと亡くなってしまうようなアフィリエイトだったので、外注化を検討し始めました。

僕がアフィリエイトを始めたのは、大金を稼ぐ!という明確な目標の為でしたが、正直当時の作業量から考えると一人でやるには、1人1サイトが限界でした。(当時のトレンドは本当に作業量が多かった)

そのトレンド系のサイトから副業としては十分すぎる収入を受け取っていましたが、大金を稼ぐという目標に届くには効率化する必要があったので、月収12万円の時に外注を決意しました。

・どこから?外注化する方法

本題です!今回は実際に外注化するときに、使用するサイトや人選の流れをご紹介したいと思います。

僕が主に使用した外注方法はクラウドソーシングという概念のサービスです。ランサーズやクラウドワークスというサイトをご存知だと思いますが、僕はランサーズをよく使っていました。

クラウドソーシングについて、執筆する記事ではないので、クラウドソーシングの説明はしませんが、簡単にいうとオンラインで(大体)完結するような仕事をオンラインで受けれるサービスです。

そのため、相手の顔も分からない事がほとんどです。

・人選は慎重に!サンプルが有効

クラウドソーシングのサイトでは、仕事の応募を簡単に募集する事が可能なので、取り敢えず出してみましょう。業務内容はもちろん、トラブルを避けるために手数料、税込みの値段なのかをはっきり記載する必要があります。

クラウドソーシングの良いところはオンラインで取引、仕事が完結するところですが、逆それは悪所でもあり、ほとんどが年齢、顔、性別などの情報が分からないので、人選は慎重に行う必要があります。

その際に有効なのが、サンプルで例えばライティングの業務を請け負ってもらうライターを募集するならこれまで執筆した記事のURLもしくは、トライアル期間を設けてサンプルを提出して貰う事で、その人のライティングレベル、やり取りから相性が分かります。 (トライアル記事、サンプルの記事でも報酬を支払う必要があります。)

この際に少しでも違うな?っと思ったら、残念ながらご縁は無かったという事にしましょう。(トラブル対策)

・最後に、、

クラウドソーシングを使った外注は当たり前なのですが、トラブルが多いです。(ライターが飛んだり、納期の延滞等)

ですが、それ以上に色々な利点があり、かなり優秀な人にたまに出会えちゃうので、一緒に他の仕事も出来て、新しい可能性が発展しやすい場所でもあります。

次回は実際に外注後のレクチャーの仕方(運営編)などをご紹介しようと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

come_footer_160507