→ メルマガ限定で【効率良く稼げる】案件紹介 ←

副業情報館 ダブルワークス 公式LINE@ 始めました!!

最旬の副業情報をいち早くお届け!
スマホから現在アクセスしてる方はコチラから。
PCの方は @wworks で検索してください。

この記事はNo.2です。No.1をご覧をなっていない方はNo.1からご覧いただけると話が分かりやすいかと思います。

どもライターのKです!今回はアフィリエイトで大金を稼ぐためにスキルをつけようとクラウドソーシングでライターをやってみた体験談です。

前の記事では、クラウドソーシングの概要やクラウドソーシングでライターを始めたきっかけについて、ご紹介しましたが今回はクラウドソーシングでの初めての応募について、ご紹介します。

 

・使っていたクラウドソーシング

アフィリエイト(特にSEO)でのライティングの知識を得ようとクラウドソーシングを始めようと決意し、まずどのサービスを使ったらいいか検索してみると、現在日本には二つの大きなクラウドソーシングのサービスがあることが分かりました。

そのサービスは「ランサーズ」と「クラウドワークス」です。この二つのサイトはいわば、Amazonと楽天的な感じのサイトで、ライバル関係にあり、二つとも日本のクラウドソーシングのサービスでは最大級です。

僕は取り敢えず、二つとも会員登録をして、結局ランサーズが中心でライターをする事になりました。

理由は特にないのですが、はじめてのプロジェクトの仕事がランサーズでの仕事だったので、そのままランサーズを使った感じです。

 

・いくつかある仕事の種類

クラウドソーシングには、仕事の種類がいくつかあります。

そして、僕の使っていたランサーズでは三つの種類がありました。

一つ目の種類がアンケートなどの仕事で使用されるタスク方式と言われるもの。この方式では単純作業を大量に応募するときなどに使用され、だれでも受けやすい分単価もかなり低いものが多いです。

しかし、稀に単価が高めの仕事が出現するので、そういうときはすぐに受ける事をおススメします。なぜなら、単価の高いタスク方式では、すぐに応募終了(定員がすぐに詰まる)事が多いので、一日に2~3回程度チェックする事をおススメします。

二つ目の仕事がプロジェクト方式です。プロジェクト方式では依頼主が大体の依頼の概要を提示して、その後請負人と詳細を決定しプロジェクトを進める方法です。

この方法は幅広い依頼に使用されており、ライターなどの依頼は大体プロジェクトです。

三つ目コンペ方式です。

コンペ方式では、主にデザインに関する依頼に使用され、依頼主がデザインしてほしいものなどの応募し、デザイン案を応募の中から選ぶ方式です。

この方法は主にロゴ制作などに使用され、ライティングでのコンペ依頼はあまり見かけた事がありませんでした。

 

・初めての仕事は?クラウドソーシングで初仕事、、

クラウドソーシングがどんなものか登録する前に調べていたので、もちろんクラウドソーシングで大金を稼ぐ!みたいなサービスではない事は分っていたのですが、想像以上に単価が低くく衝撃を受けたのを覚えています。

どうやら、クラウドソーシングで単価の高いプロジェクトを請けるには、評価やそれなりの実績がいる事がわかりました。

なので、僕の初めてのクラウドソーシングの仕事はWEBライターとは全く関係のない実績集めのためのアンケートでした。

 

今回はここまで!

次回はついにドキドキの初めてのプロジェクト依頼の経験をご紹介しようと思います!

 

come_footer_160507